CX-5とCX-8 どちらがいいかと思った方はぜひ見て下さい!

価格やテーマ、エクステリア、インテリア、グレード体系、燃費、安全装備等で違いや似ている点を調べてみました。

CX-5とCX-8を比較します。

 

引用元:マツダオフィシャルサイト

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク



CX-5 VS CX-8 違いを比較

ここ数年、SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の人気が特に高まっています。

大径ホイールを履かせ、スタイルをコーディネート、車内空間やラゲッジスペースも十分確保されています。

余暇の使用と実用性をバランスよくクロスオーバーさせたSUV人気は高まっています。

他社も、SUVをマーケットへ、各サイズのSUV投入しているなか、

「マツダ」は特にCXシリーズSUVに技術を注ぎ込んでいる自動車メーカーと言えるでしょう。

 

マツダ CX-8の特徴

 

 

引用元:マツダオフィシャルサイト

CX-8は、国産車は数少ない、3列シート7人乗りフルサイズSUVです。

CX-5のハイエンドモデルフラッグシップSUVにポジションされ、全長4900mm、全幅1840mm 全高1,730mm とCX-5より一回り大きなボディサイズを与えられました。

スタイルはCX-5と同じコンセプトの「魂動デザイン」で設計され、フロントノーズに長い印象を与えスポーティに完成させています。

 

ボディサイズは、CX-8がCX-5に比べると全長4900mmと355mm長く、全幅は同じで1840㎜、全高1,730mm は40mm高い。

ホイールベースもCX-5は2700mm、CX-8は2930mmで230mm長いのも特徴です。

 

全長の違いがあるにも関わらず、サイドから見たフロント周りはかなり似た印象を受けますが、ボディを真横から見たリや部分は違いを感じるでしょう。

CX-5は新世代SUVらしさが強烈だが、CX-8は全長が長いために車高の高いステーションワゴンに似た印象を受けるかもしれません。

 

全高はCX-8が40mm髙く、230㎜長いホイールベースによる室内居住性、3列シート、高レベルな乗りごこちを実現しています。

室内の特徴は、ロングボディを生かして7人乗り3列のシートが目を引きます。

 

ワンボックスカー並みに7人が乗れ、3列目シートを前に倒すとラゲッジスペースが大きくCX-5よりも積載量が確保できます。

2列目のシートに持ち味があり、ベンチタイプに加えて、セパレートタイプも用意(6人乗りか7人乗りかを選択)されています。

最上級のXD・L Packageは、2列目シートにアームレストコンソールボックスが用意されてユーザビリティーを高めています。

 

引用元:マツダオフィシャルサイト

エンジンはSKYACTIV-Dクリーンディーゼルエンジン2.2L(直列4気筒)2.2リッターのみ、ガソリンエンジンは設定されていません。

ボディーサイズを感じさせない動力性能はCX-5と同等の加速性を実現させています。

 

「マツダ」はコンパクトSUV「CX-3」ミドルサイズSUV「CX-5」フラッグシップフルサイズSUV「CX-8」をCXシリーズでラインナップ。

 

国内向けSUV全サイズを用意した「マツダ」にSUV CXシリーズに対しての意気込みが感じられます。

 

CX-8は、欧州市場で販売している「CX-9」をベースにクリエイトされ、ホイールベースはCX-9と同じ、3列目シートのセレクトも同様。

国内販売向けの改良点はCX-9よりも全長と全幅を若干短くし、取り回しの良さを意識、ビジュアルは新型CX-5のロングバージョンと感じさせます。

マツダ CX-5とは

国内SUVの中で、一番人気の高いミドルサイズSUVのCXシリーズの中核をなすSUVになります。

エクステリアは”魂動デザイン”で設計。、スポーティな雰囲気を感じさせるロングノーズもCX-8同様。

ボディサイズは、全長4545mm、全幅はCX-8と同じ1840mm。

エンジンは直列4気筒で、ガソリン2000ccと2500ccリッターの2種類、2200㏄のSKYACTIV-Dクリーンディーゼルエンジンの3種類が用意されています。

(2018/08現在)近々2.5Lガソリンターボエンジンも追加される予定です。

CX-5の詳細、特徴は下記ページをご覧くださいませ。

※CX-5サイトマップ

 

【CX-5】外寸, 外装, 機械式駐車場に入るのか?

【マツダ・CX-5】後部座席 荷室容量 車中泊について調べてみました!!

【マツダ・CX-5】価格 値段はいくら? 費用 グレード MT車の情報を紹介!

スポンサーリンク

【CX-5】VS【CX-8】 価格比較

引用元:マツダオフィシャルサイト

CX-8価格帯 価格帯 319.68万円 〜 419.04万円

CX-8 グレード

価格(円・税込)
XD 2WD ¥3,196,800
XD 4WD ¥3,429,000
XD PROACTIVE 2WD ¥3,537,000
XD PROACTIVE 4WD ¥3,769,200
XD L Package  2WD ¥3,958,200
XD L Package  4WD ¥4,190,400
CX-5グレード

 

価格(円・税込)

XD(2WD 6AT)ディーゼル

¥2,808,000
XD PROACTIVE(2WD 6AT)ディーゼル ¥3,002,400
XD L Package(2WD 6AT)ディーゼル ¥3,299,400
XD(4WD 6AT)ディーゼル ¥3,034,800
XD PROACTIVE(4WD 6AT)ディーゼル ¥3,229,200
XD L Package(4WD 6AT)ディーゼル ¥3,526,200
20S(2WD 6AT)ガソリン ¥2,494,800
20S PROACTIVE(2WD 6AT)ガソリン ¥2,689,200
25S L Package(2WD 6AT)ガソリン ¥2,986,200
25S(4WD 6AT)ガソリン ¥2,721,600
25S PROACTIVE(4WD 6AT)ガソリン ¥2,916,000
25S L Package(4WD 6AT)ガソリン ¥3,213,000

クリーンディーゼル補助金は別途申請が必要となります。

CX-8 グレード 補助金交付額
XD 2WD ¥28000
XD 4WD ¥29000
XD PROACTIVE 2WD ¥31000
XD PROACTIVE 4WD ¥32000
XD L Package  2WD ¥42000
XD L Package  4WD ¥42000

見積もり例

CX-5 CX-8

XD(2WD 6AT)

  • ディーゼル
  • 2WD
  • 6EC-AT
ボディーカラー :
ジェットブラックマイカ
シートカラー :
ブラック(クロス)
A+B
¥3,033,940 (消費税込)(支払合計)
  • エコカー減税免税

(内消費税 ¥218,652

A  車両代金合計
¥2,889,000
車両本体価格
¥2,808,000
メーカーセットオプション価格
¥32,400
ショップオプション価格
¥48,600

メーカーセットオプション

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
¥32,400

ショップオプション

ナビゲーション用SDカードPLUS
¥48,600
B  諸費用合計
¥144,940
税金保険料
¥62,980
リサイクル費用
¥12,860
登録諸費用(参考価格・消費税込)
¥69,100

税金保険料内訳

自動車取得税 エコカー減税免税
¥0
自動車重量税 エコカー減税免税
¥0
自賠責保険(37ヶ月)
¥36,780
自動車税(8月分)
¥26,200

XD(2WD 6AT)
  • ディーゼル
  • 2WD
  • 6EC-AT
ボディーカラー :
ジェットブラックマイカ
シートカラー :
7人乗り ブラック(クロス)
A+B
¥3,423,030 (消費税込)(支払合計)
  • エコカー減税免税
  • クリーンディーゼル補助金

(内消費税 ¥247,452

A  車両代金合計
¥3,277,800
車両本体価格
¥3,196,800
メーカーセットオプション価格
¥32,400
ショップオプション価格
¥48,600

メーカーセットオプション

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー(フルセグ)
¥32,400

ショップオプション

ナビゲーション用SDカードPLUS
¥48,600
B  諸費用合計
¥145,230
税金保険料
¥62,980
リサイクル費用
¥13,150
登録諸費用(参考価格・消費税込)
¥69,100

税金保険料内訳

自動車取得税 エコカー減税免税
¥0
自動車重量税 エコカー減税免税
¥0
自賠責保険(37ヶ月)
¥36,780
自動車税(8月分)
¥26,200

※値引き・CX-8のみ適用のクリーンディーゼル補助金は計算に入っておりません。

【マツダ・CX-5】価格 値段はいくら? 費用 グレード MT車の情報を紹介!

スポンサーリンク

【CX-5】VS【CX-8】 エクステリア サイズ 大きさ比較

 

CX-8 CX-5

引用元:マツダオフィシャルサイト

CX-5 CX-8 エクステリア サイズ 大きさ比較

まずはエクステリア。一目で違いが判る部分がフロントグリルです。

CX-8は横長の棒状のメッキをふんだんに使った豪華な作り。

 

新型CX-5は写真では見づらいですがハニカム状のデザインされています。

ボディースタイルはCX-5 CX-8共にマツダ設計者渾身の「魂動デザイン」の共通コンセプト設計なので似ているのは当然と言えば当然。

この辺にもSUV CXシリーズのコストパフォーマンス、割安感の秘密があるのかもしれません。

 

CX-5はスポーティなイメージ。

CX-8は高級イメージを演出しているといった印象を受けます。

 

外寸は全長、CX-8が4,900mm、CX-5が4,545mm、CX-8が355mm長い設計。

ホイールベースはCX-8は2,930mm、新型CX-5は2,700mmと、CX-8が230mm長い設計。

全幅は1,840mmで両車ともに同サイズ。

国産車ではこのサイズが現状いっぱいいっぱいなのでしょう。

 

 

CX-8 XD CX-5 XD
全長 (mm) 4,900 4,545
全幅 (mm) 1,840 1,840
全高 (mm) 1,730 1,690
ホイールベース (mm) 2,930 2,700
最小回転半径 (m) 5.8 5.5
車両重量 (kg) 1,780《1,810》【1,790《1,820》】 1,610【1,620】

 

 

CX-8 XD

CX-5 XD

CX-8

CX-5

引用元:マツダオフィシャルサイト

ボディーをサイドから見ますとフロントドアまではよく似ていますが、リヤ部分はを真横から見た写真では印象が違うと思います。

CX-5はリヤ部分がコンパクトにまとめられSUVらしさを強烈にアピール。

それに対し、CX-8はボディ全長が長い分「ステーションワゴン」のようなな印象を受けるかもしれません。

全高はCX-8が40mm高いのですが写真では逆に見えてしまっています。

 

CX-8一回り大きなボディーサイズは3列のシート、広い車内を可能にし、230mm長いホイールベースのおかげでより安定した乗り心地に役立っているはずです。

最小回転半径は、新型CX-5が5.5m、CX-8は長いホイールベースの為5.8m。

最小回転半径を気にしてクルマ選びをするとは思えませんが、ボディー小さい分狭い道ではCX-5のほうが運転しやすいと感じるのは当たり前でしょう。

逆に高速道路等ではCX-8にゆとりある走行が可能でしょう。

写真ではわかりづらいのですが、新型CX-8がCX-5に比べ一回りほどサイズが大きいことは数字を見ればお分かりいただけると思います。

 

CX-8 CX-5

引用元:マツダオフィシャルサイト

家族の増える可能性のある方や、友人が集まりがちなご家庭の方は、ディーラーに出向き、CX-8とCX-5を見比べてみれば選択が変わるかもしれません。

クルマに関しては「大は小を兼ねる」と単純なものではないですが、7人乗りの魅力は大きい気がします。

【CX-5】VS【CX-8】 燃費と安全装備比較

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-8 ディーゼルモデル CX-5 ディーゼルモデル CX-5 ガソリンモデル
JC08モード燃費 17.0~17.6 17.2~18.0 14.8~16.0

CX-8は進化したSKYACTIV-D 2.2ディーゼルエンジンを搭載しパワフル走りを実現するとともに、低燃費までも可能とした真の高性能エンジンです。

2018年3月のマイナーチェンジでCX-5にもCX-8と同じ改良型SKYACTIV-D 2.2を搭載。

ガソリンエンジンのSKYACTIV-G、2.0Lと2.5Lの3つのパワーユニットが搭載されています。(2018年度中には2.5Lガソリンターボ車も追加予定です)

CX-8のJC08モード燃費は、FFが17.6km/L、AWDが17.0km/L。

CX-5は18km/L・17.2km/Lですので、0.2から0.4km/LCX-5が低燃費と公表しています。

と言っても実燃費は乗り手のアクセルワークにより大きく変わってきます。

車両重量が重いCX-8がやや不利であるということに間違いありませんが、このレベルではCX-5とCX-8の実質燃費は、ほぼ同等と考えて良いでしょう。

SKYACTIV-D 2.2ディーゼルエンジンはは燃費効率がきわめて良い代わりに、高回転の吹き上がりは若干鈍く、振動、ノイズも大きいという弱点もあります。

静粛性をもたらす数々の機能がエンジンルーム内、室内と各所になされており室内では静かに感じますが、車外で音が大きいのは事実。

CX-5 CX-8のSKYACTIV-D 2.2ディーゼルはガソリンエンジンに劣らない静粛性をほぼ実現していますが、ガソリンエンジンより静かなエンジンではありません。

不快感は感じられませんが、ディーゼル特有の音を初めて聞いた方には、少しの間違和感を感じる方もいらっしゃるようです。

クリーンディーゼルエンジン搭載車には黒煙の原因となる煤(すす)を集めるDPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)が備えられており、 煤(すす)が溜まるとDPFに燃料を混入させ燃焼除去する「DPFの再生」が自動で行われています。

2018年10月以降に販売される新型車に公表が義務付けられるWLTCモード燃費(総合燃費に加え、高速道路、郊外路、市街地という走行パターンごとの燃費も記載される国際的な燃費の試験方法)も先がけて公表しているのはマツダのCX-8に対する自信の表れでしょう。

同じディーゼルエンジンを搭載しているので、CX-5とCX-8では、車両重量の軽いCX-5の方が燃費には有利ですが、CX-8ディーゼルエンジンとCX-5のガソリンエンジンモデルを比較すると、CX-8の方が燃費はよく経済的です。

CX-8はフルサイズSUVボディでありながら高燃費車であることは間違いありません。

CX-8オーナーの燃費に関する口コミを集めてみました。

2WDです。400キロくらい走りました。
市街地高速半々くらいで、10.7キロ(リッター)
寒いのでエアコン25度で風量2くらいでつけっぱなし
こんなもんですかね

街乗り11キロ前後、高速では20以上は余裕です。
2t以上ある車にしては上出来だと思います。

高速道路は220kmほど燃費重視で走り、うち渋滞10kmと街乗りを50kmほど合わせての状況で燃費計は12km/Lです。
おそらく、街乗りで8から9km/L、高速道路で12から14km/Lぐらいかなと。

うちはバイパス道や街乗りで200km走り約11km/Lちょっとでした。
燃費は期待してましたが、カタログ値より悪いですね。
もう少し様子見したいです。

 

安全装備比較

 

引用元:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/safety/i-activsense1/

CX-5、CX-8どちらも「セーフティ・サポートカーS・ワイド」に該当。

事故を避ける安全装備は基本的に共通です。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは、時速80km以下で走行中に歩行者や車両に接触する危険が生じると、警報を発して緊急自動ブレーキも作動させる。

ミリ波レーダーを使ったスマートブレーキサポートも用意され、高速域で走行中に車両と衝突する危険を検知すると、警報と緊急自動ブレーキを作動させる。

JAMA(一般社団法人 日本自動車工業会)のテストの結果、自動ブレーキの安全性トップはCX-8。2番目にCX-5が入っています。

他社と比較しても{マツダ」の自動ブレーキシステムは優秀であることが第三者機関のテストの結果はっきりと評価されました。

車間距離を自動制御できるクルーズコントロール、車線の中央を走れるようにパワーステアリングを制御するレーンキープアシストもCX-5、CX-8共に採用しています。

設定が異なるのは、歩行者と衝突した時に瞬時にボンネットを持ち上げて被害を軽減させる「アクティブボンネット」。

この機能はCX-8のみに設定されています

マツダCX-5が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このCX-5、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、CX-5の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク