CX-5内装 内装色 荷室内寸法サイズは?ホワイトレザーがおすすめ!
スポンサーリンク

CX-5 L Packageのインテリアでは、豪華なパーフォレーションレザー(本革)ピュアホワイトに目を奪われます。

それと共にCX-5内装 内装色 荷室内寸法サイズも気になるところでしょう。

CX-5 L Packageの内装は、高級SUVと比べても引けを取らない仕上がりになりました。

このページでは 高級感とスポーティーな印象をプラスされたCX-5 L Packageの内装を中心に荷室内寸法も紹介致します。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

スポンサーリンク



【CX-5】新型CX-5 内装色 ホワイトレザーは?

2017年にフルモデルチェンジされたCX-5 L Packageの内装インテリアはどれほどの発展をとげたのでしょうか。

外観はシャープさを加え、内装は高級感とスポーティーな印象ををプラスされました。

内装改良点の最大の注目点である、L Packageに用意されたパーフォレーションレザー(本革)ピュアホワイトと新型CX-5 L Packageの内装装備を画像でご紹介します。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

新型CX-5 L Packageの ホワイト基調の内装 には各部にホワイトレザーが使われており、高級感あふれる内装に仕上がりました。

ダッシュボード、インパネ、全体的な内装部分はブラックが基調となっているため、配色バランスが良くスタイリッシュな仕上がりです。

新型CX-5の運転席、助手席、後部座席はラグジュアリーなホワイトレザーが目を引きます。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

フルモデルチェンジ後の新型CX-5のハイグレードモデル「 L Package」の内装はグレード感がUPし、 シート素材やシート機能、インパネ周りなど、改良されたよりハイクオリティになったな内装を中心に調べてみました。

内装カラーは黒基調、シートカラーのピュアホワイトはラグジュアリーなイメージ

内装カラーは L Packageに、ピュアホワイトとブラックシートのパーフォレーションレザー(本革)を採用。

他グレードでは素材ファブリックのスクエアメッシュクロスブラックを採用。

L Packageのパーフォレーションレザーシートは、吸音性備わており、室内の静粛性向上に一役かっており、より静かに過ごせるよう工夫されてのパーフォレーション(穴あけ加工)としたそうです。

この内装カラーのピュアホワイトが抜群にゴージャス。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

ボディカラーをソウルレッドクリスタルメタリック + \75,600 、シートカラーをピュアホワイト、ダッシュボードはブラック。インパクトもありセンスの良い組み合わせだと感じています。

CX-5購入検討中の方の中には、ピュアホワイトパーフォレーションレザーシートをシートカラーに選ぶのには汚れが気になる方も多いでしょう。

ディーラーで専用レザークリーナー/3240円も用意されていますので、まめに手入れをすれば心配はないと思います。

このピュアホワイトはL Package限定なので、この内装が気に入りL Packageを選ぶ人も多との口コミも見受けけられました。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5のボディカラーにスノーフレイクホワイトパールマイカ + \32,400を選ぶ人は全グレードで多いようです。

CX-5のスノーフレイクホワイトパールマイカ + \32,400に、ブラックパーフォレーションレザーシートレザーを選択するとラグジュアリーさが一気に上がる印象を受けました。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

L Packageは本皮素材で内装の各部にステッチが採用され、デザイン的に成功している良い例でしょう。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

手の込んだ手作り感が一層引き立ちステッチがラグジュアリーなイメージを更に盛り上げます。

マツダのオフィシャルアナウンスではL Packageを選ぶユーザーが49%であり全グレードで最も多い件数ということです。

L Package限定のパーフォレーションレザー(本革)ピュアホワイトに魅せられたクライアントがたくさんおられると意味することだと思います。

スポンサーリンク

スクエアメッシュクロス・ブラック シート

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

L Package以外の全グレードは飽きのこないブラックを内装に採用し素材は手触り、通気性のいいクロスメッシュシートです。

ファブリック素材で、ピュアホワイトパーフォレーションレザーシートと比べて派手さはありませんが、

しっかりとした作りで長期使用にもへたりを感じさせない耐久性を兼ね備えているそうです。

XD、25S、20S、XD PROACTIVE、25S PROACTIVE、20S PROACTIVEグレードに標準装備されるのが、スクエアメッシュクロス・ブラックのシートです。

CX-5 L Package以外の内装色は、ブラックで統一されており、シックな飽きることがない仕上がりになっています。

本革仕様のシートと比べるとラグジュアリー感は劣りますが、汚れに強く耐久性に優れています。

本革シートは素材の特質上、運転中に身体が微妙にズレる事があります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

スクエアメッシュクロスシートにはズレる感覚はないので、安定したドライヴスタイルをキープすることができます。

シートはサイドサポートの張り出しは強く、厚みがあるのでしっかりと体をホールドしてくれます。

座面・背面ともに人間工学に基づいて設計されていますので、長時間ドライブも疲れは軽減される作りになっています。

ドライブスタイルも心地良くキープできるように工夫を凝らしている所にこだわりが感じられます。

スポンサーリンク

【CX-5】内寸室内サイズは?

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

室内高 1265mm
室内長 1830mm
室内幅 1540mm

荷室内寸法
荷室長(2列目シート通常時):960mm
荷室長(2列目シート可倒時):1610mm
荷室長(2列目シート可倒時):1830mm

荷室幅(ホイールハウス間)1040mm
容量:505L(床下サブトランク含む)

通常字トランク部は、4人乗車時ゴルフバックが4個積めるサイズです。

1830mmは助手席シートを最前部まで寄せた助手席シートバックまでの寸法。車中泊などで横になれます。

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5内装 内装色 サイズは?まとめ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5のハイグレードのモデル「 L Package」の本革ホワイトシートはインパクトのある豪華な内装で、オーナーさんの満足感は十分満たされるでしょう。

L Package本革ホワイトシートは注文色で通常はブラックの本革シートになります。

価格はブラック本革もシート、ホワイト本革シートも同じですので、「ホワイト本革はちょっと派手かな~」と感じた方もチャレンジしてみても良いと思います。

荷室容量は通常時でゴルフバック4つが積めますので、友人とのゴルフも楽しめますし、ご家族との旅行にも十分な荷室容量です。

リヤシートを前方に倒せば最長1830mmのスペースが確保できますので、今人気の「車中泊」旅行も気軽い楽しめます。

CX-5は堂々としたボディーサイズ、豪華な内装、車中泊も可能な室内寸法を兼ね備え

ディーゼル車は太いトルクと、低燃費を実現、燃料代も安く

まさに今の時代のクロスオーバーSUVと言って良いでしょう。

通勤はお買い物はもちろん、旅行にレジャーとマルチに楽しめるSUV「CX-5」を思いっきり楽しんでください。

車中泊について気になった方は

CX-5 後部座席 荷室容量 車中泊について調べてみました!!を

CX-5 後部座席 荷室容量 車中泊について調べてみました!!

ご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

マツダCX-5が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このCX-5、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

愛車を賢く・高く売るなら一括査定
実績豊富な優良の買取会社が対応するから安心!
完全無料!登録は1分簡単依頼!
価格に納得できなければキャンセルも簡単安心!

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク