新型CX-5を値引き限度額まで値引きして貰い、さらにご自分の愛車を簡単に高く売る!

CX-5を最安値で買う方法を紹介します!気持ちよく商談して値引き目標学を達成しましょう!

CX-5を含んだ新車値引きの例として、新型モデル発売時には値引きが少なく発売からの期間の経過につれじんわりと値引き額が多くなります。

モデルチェンジで再度値引きが少なくなるなるというループをつづけています。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク



【マツダ・CX-5】値引き相場

CX-5も2018年3月のマイナーチェンジで値引き幅が少なくなったものの、現在2018/08はマイナーチェンジ以前のレベルに戻ってきている様です。

一般的には「決算期やボーナス時期などはセールをやるからCX-5も値引き額が拡大する」と思われがちですが、

現在では決算期等の理由として値引き額が増えたという口コミはほぼ見られません。

 

値引きが40万円であったという口コミも一件だけ見つけました。

しかし、下取り車があり、値引きと、下取り車を安く査定しその差額で見かけ上の値引きを40万としたのが実際である可能性が高く、

純粋な40万円の値引きはしばらくの間は無理そうです。

 

口コミサイトを見てみますと、8月以前の実際の値引き額で、車両本体値引きプラス、ディーラーオプションの値引きを含めて30万円~31万円、の口コミが数件見られました。

初来店で普通に営業マンと商談していると10~15万円ほどの値引きでストップしてしまうのが一般的なようです。

2018/08の最終的な値引き相場は20万円+オプション価格の20%が値引き相場と考えていいようです。

スポンサーリンク

【マツダ・CX-5】値引き 限度額

2018年3月購入の口コミで本体値引き額40万円 オプション値引き額10万円、合計50万円の口コミを数件見つけましたが、

これは、マイナーチェンジ前のモデルの処分価格でしょう。

2018年6月口コミ情報て、本体値引き額45万円 オプション値引き額10万円値引きがあったそうですが、CX-5(KE)からCX-5(KF)への乗り替えで、やはり下取り車の査定が絡んでいると思われます。

値引き限度額を引き出している方の多くは、マイナーチェンジ前の最終モデルや、新車ではあるが展示車であったりと、

何かしらの要因があっての特別な値引き限度額で手に入れているようです。

あくまで参考で、何かしらの要因、下取り査定額のトリックと考えられる値引き 限度額は50万から55万の口コミが見つかりました。

この価格は一般的ではありませんので、2018/08現在目標とする値引き金額ではないと思います。

2018/08現在 正常なCX-5の最新限界値引き額は34万円前後という口コミが本来の値引き 限度額でしょう。

スポンサーリンク

【マツダ・CX-5】値引き目標

 

値引きに消極的なマツダの中でも、CX-5は車両本体価格が高額だけに、ほどほどの値引き額が出ているようです。

このSUVタイプで注目を浴びるトヨタハリアーや日産エクストレイル、

その他には新型フォレスター、モデルチェンジを秋に控えるホンダCR-V、

SUV市場でライバル車種が多いCX-5なので、これらの市場でライバル車種をうまく使って大幅値引きを目指します。

同タイプのSUV1台に絞り、その車とCX-5のどちらにするか迷っている。

けれど値引き額次第では、CX-5を買ってもいいのだけど、という振る舞いで商談にのぞむようにしてください。

オプションと合わせて28万円以上の値引を目標としましょう。

【マツダ・CX-5】実際に使える交渉「値引き術」

 

【マツダ・CX-5】実際に使える交渉「値引き術」

CX-5 実際に使える交渉「値引き術」では、架空のライバル車を想定し 「CX-5か、そちらにするか迷っている」という想定で値引き交渉をする方法です。

CX-5 のライバル車は、誰もが知っている日産エクストレイル、トヨタのハリアー スバル新型フォレスター、モデルチェンジを秋に控えるホンダCR-V、が良いでしょう。

CX-5のライバル車から1~2車種選び出して「CX-5と迷っている」と商談を進めて行きましょう。

また、別会社のディーラーなら、マツダディーラー同士の競り合いも可能です。

住んでいる地域に別会社のディーラーがない場合には隣県のマツダ同士の見積もりも値引き交渉には有利です。

 

ネットでライバル車やCX-5のマツダディーラーを調べて、 値引き、つまり「お金」の為だと割り切り、楽しみながら各ディーラーに出向いてみましょう。

営業所によっては今月は「値引きしてでも売りたい」と言う場合もあります。

今月のノルマ達成が厳しい営業マンも中にはいます。

人に多く会えば、会うほどチャンスは広がっていきます。

CX-5のディーラー交渉 CX-5の初めての商談では値引き額について触れる必要はありません。

「値引きは出来るんですか?」程度の会話で営業マンの様子を見てみましょう。

値引きに対し「決めてくれるなら頑張ります」などと会話に乗ってくる営業マンや、 「

値引き額は決まっています」と値引きには消極的営業マンなどの様子が分かります。

その様子を見て、交渉相手を探してみましょう。

感じの良い、値引きに拒否反応を見せない営業マンが見つかったら、

CX-5が本命なことは伏せたまま、調べておいた気になる車種があって迷っている事を、さりげなく伝えましょう。

初めての商談は30分程度で良いので、営業マンに対して良い印象を与えておきましょう。

営業マンから連絡があったり、2回目の来店時には、少しずつ値引き交渉を始めます。

相手も同じ人間ですので、相手の営業マンの気分を害すような、 いきなり大幅値引きを求めるようなことはやめておいたほうが良いでしょう。

あまり乗り気でなくともライバル車のディーラーも訪問してください。

出来る限りの値引き額を出してもらい、その条件をCX-5の営業マンに伝えます。

全て正直に話すこともありませんが、あまりにも現実離れした金額を伝えても、 CX-5の営業マンのやる気をそぐことになっては元も子もありません。

出た条件より少し良い値引き金額を担当営業マンに、伝え値引き交渉を続けます。

値引きを引き出す基本は、数社を競合させ好条件が出れば、 それを他のディーラーへ提示する。

さらに好条件が出ればまた違うディーラーへ提示する。

これを数回続けると各社限界付近の値引き額を提示してきます。

難しい駆け引きや、難しい値引き交渉は不要です。

どの車にするか決定的なものがない。でもやはり安く買いたい」 これだけを伝えていけば、値引き額は相手が自然と増やしていきます。

CX-5同士の競合は、最後まで取っておきましょう。

頑張ってくれそうなディーラーや営業マンを見極め最後の交渉です。

「総額〇〇万円なら契約します」

「予算は〇〇万円です。この金額なら今、契約してもいいです」などと言って、

目標額よりも少し多めの値引きの金額を申し出て見ます。

営業マンが「間を取って〇〇万円」など、ある程度の譲歩案を出してきても即答は避け、購入する意思を見せつつ黙っていましょう。

きっと相手はより譲歩してきます。

下取り車がある場合は、契約前に「下取り車が無くなるかもしれない」と下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えておきましょう。

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る。

以上がCX-5を実際に使える交渉「値引き術」です。

 

値引き相場を知らずにディーラーの言う条件で決めてしまうと、騙されるように数十万円もCX-5を高く買わされる事もあります。

そうならないためにも是非実際に使える交渉「値引き術」、

無料一括査定を利用して、 安く、気持ちよくCX-5を購入してください。

CX-5 納期 納車状況 納車待ちは何日くらいになるか調べてみました。2018/11最新情報

CX-5 外寸, 外装, 機械式駐車場 幅1850立体駐車場に入るのか?でかすぎ?新旧寸法図比較

【CX-5】大きさ サイズ比較 サイズ感ライバル車と比較フォレスター他!1800制限の機械式駐車場に入るのか?を調べてみました。

マツダCX-5が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このCX-5、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、CX-5の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサーリンク