旧型CX-5(KE)は、マツダが社運を賭け新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」を全面的に新採用した企画車です。

高レベルな燃費・環境性能と動力性能を備え、低価格、高品質という要素を並立させていました。

そのお陰で、いっきに人気車種になり、2012年のSUV販売台数1位を獲得、「2012-2013日本カー・オブ・ザ・イヤー」も受賞しました。

さらに、2013年も年間販売台数1位を獲得した、人気、実力とも認められた車です。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が
あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

スポンサーリンク



【マツダ・CX-5】現行・新型・旧型もまだまだ現役車両/人気の秘密

【新型CX-5(KF)旧型CX-5(KE)詳しく比較検討】

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5
新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)相違とレベルアップしたな部分はどこなのか調べてみました。

新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)は共に、高い評価を得ている、低燃費、高性能。

かつ、シャープなデザインと割安感のある価格設定多くの方の心をつかみ、人気のクロスオーバーSUVとなりました。

2017年の2月にフルモデルチェンジ新型CX-5(KF)が発売されました。

このページでは、新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)のエクステリアや安全性能。

レベルアップした肝心な点ごとにつぶさに比較して、新車CX-5の購入検討、中古CX-5の購入検討を考えているどちらの方にも役立つ情報をまとめてみました。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

2012年発売の旧型CX-5(KE)は、エンジン、サスペンション、フレーム等を新技術「スカイアクティブ」でグルーピング、エクステリアを「魂動デザイン」というテーマで取り組んでいます。

「スカイアクティブ」「魂動デザイン」の初融合車種が、2012年2月旧型CX-5(KE)。

2016年12月にフルモデルチェンジされた新型CX-5(KF)が発表されました。

同じコンセプトで作られた、CX-5の新旧比較を行いながら両車の良い点を見つけられたらと思い話を続けます。

旧型CX-5(KE)は2つの新コンセプトで車両設計が統一されていますので、旧型CX-5(KE)といえども他社ライバルSUVと比較しても古さは感じません。旧型になった今でもリコール対策を終え安心して乗れる魅力ある車両です。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

マツダ車全車種にみられるブレの無い新コンセプトが見える、初代CX-5は「新世代商品群」とマツダが呼ぶ、新しいコンセプトのもとに作られた最初の車両と言いでしょう。

エンジン、ミッション、ボディーを「SKYACTIV」と名付た新発想技術で製作し、新鮮かつ空気抵抗を考慮した「魂動デザイン」を実現した旧型CX-5(KE)、新型CX-5(KF)の魅力をまとめます。

2代目となる新型CX-5(KF)は高い評価を得た旧型CX-5(KE)の概念やテクノロジーを継承している。

ミドルクラスSUVはいま最も人気の高いワンピースであり、ボディーサイズも全高が若干低めに設定された以外はほぼ同じ大きさです。

スポンサードリンク

新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)のデザインの違い比較!

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)のデザインの違い比較!

新型CX-5(KF)は、旧型CX-5(KE)と比較して15mm車高が低くなり、前後トレッドも10mm縮まっただけです。

最も変わったフロント周りのシルエットはヘッドライトデザインが薄くシャープになり、グリルが一回り大きく、より存在感を増したイメージです。

トータル的なシルエットとしては、CX-5のテーマである「魂動デザイン」採用。より熟練されて個性を前面に押し出したデザインになったと思います。。

CX-5のシンボルカラーであるレッドのボディカラーも旧型CX-5(KE)の

「ソウルレッドプレミアムメタリック」から、「ソウルレッドクリスタルメタリック」にスイッチされており、

特別な塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」により、より深みを増し、

新型CX-5の魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせています。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

サイズ/エクステリア/最小回転半径比較

新型CX-5(KF)のエクステリアデザインは旧型CX-5(KE)を継承。

新型CX-5(KF)ではヘッドランプが薄くされてフロントグリルの大型化存在感を強めた印象、グリルメッキパーツはランプの下まで回り込んでいます。

またフロントピラーを若干後方に下げロングノーズ化させたように見えます。

リヤの作りは旧型CX-5(KE)同様ウインドーも小さめで若干の課題であった後方視界は残念ながら相変わらず良いとは言えません。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

もっとも、この点は、バックモニター、 オプションで用意されている「360°ビュー・モニター」で解消しているので問題にするほどではないと思います。

ボディサイズは新型CX-5(KF)は全長4545mm、全幅1840mm、旧型CX-5(KE)は全長4540mm、全幅1840mm、と全長のみ5㎜の差で全幅、ホイールベースも2700mmと全く同じ長さです。

全高は新型CX-5(KF)が1690mmで15mm低くしたのみ。最小回転半径も5.5mで同じです。

エンジンは新型CX-5(KF)、旧型CX-5(KE)、共に、2Lと2.5Lのガソリン、2.2Lのディーゼルターボの3種類から選べます。

旧型の2.5Lは2013年9月からの追加ですので中古車を探すには少々苦労するかもしれません。

駆動方式は新型CX-5(KF)、旧型CX-5(KE)、共に、2LガソリンがFFだけ、2.5Lガソリンと2.2LディーゼルターボはFFと4WDを選べます。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-5】年式 比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5の内装は旧型CX-5(KE)と比較

新型CX-5の内装は旧型CX-5(KE)と比較して、「XD L Package」ホワイト本革シートに象徴されるように

高級感とスポーティーなイメージに変更されています。

室内空間はほぼ変わりありません。

ダッシュボード周りは、マツコネの位置が変わり、マツコネは見やすくなったかもしれません。

内装のデザイン/質感/操作性/視認性比較インテリア・インパネ周り/

旧型CX-5(KE) 内装は外観よりも進化の度合いが大きい。

ATレバーの位置は旧型若干前方に移動、ドライバーが使いやすい位置に変更スポーティーな稲時に感じます。

全体的には高級感が増し、新しい装備として、フロントウインドウに投影するアクティブドライビングディスプレイが追加された点が最大の特徴です。

新型CX-5の内装デザイン 運転席パワーシート、後部座席の居住性比較

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5(KF)と旧型CX-5(KE)の前席はシートも若干の改良、イメージチェンジはなされたが両車とも

電動パワーシートはメーカーオプションで、新型CX-5(KF)後部座席のみリクライニング機能が追加されました。

後部座席の居住性は旧型CX-5(KE)のほうが明らかに良くなっています。

旧型CX-5(KE)頭上と足元は広いが座面が平らだったのに対し、

マイナーチェンジで改良して、新型は座り心地が向上しました。

初めは硬め印象を受けますが、その硬めと思えるシートが体全体を支えるには良い加減でさらに2段階ではありますがリクライニング機能と足元の広さで後部座席に座る方も十分くつろぎロングドライブを快適に過ごせると感じます。

全高と室内高が旧型に比べて若干減りましたが気になる方はいないでしょう。。

後席の広さは新型CX-5(KF)、旧型CX-5(KE)ともに変わりなく。大人4名が乗車して、後席に座る方に窮屈感はなく運転席下のスペースにすっぽりと足先が入るよう設計されています。

SUVの中では後部座席の快適性が保たれ良い居住空間が確保されたユニットになっています。

ラゲッジスペース(トランク部分・荷室)

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

ラゲッジスペース(トランク部分・荷室)の容量は旧型CX-5(KE)の500Lから、新型CX-5(KF)では505Lとほぼ同サイズ。リヤゲートはパワーリフトゲートが用意されており、開閉はタッチ式です。(標準装備:25S L Package、XD L Package) (メーカーセットオプション\32,400~: 20S PROACTIVE、25S PROACTIVE、XD PROACTIVE)

荷室の広さと使い勝手比較荷室(パワーリフトゲート)

マツダ 新型 CX-5 のラゲッジスペース(トランク部分・荷室)の床面は旧型CX-5(KE)荷室の床面は同様に高く多少荷物を出し入れしにくい難点はありますがSUV車の特性上仕方のないとことでしょう。

新型CX-5(KF)旧型CX-5(KE)荷室容量ほぼ変わりませんが、、床下の収納設備は新型CX-5(KF)が10Lから30Lに拡大されました。

走行安定性比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5の「i-ACTIVSENSE」は進化しています。

マツダ 新型 CX-5 「プロアクティブセーフティ」

新型CX-5の安全装備は、大幅改良し「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」に基づいて開発された「i-ACTIVSENSE」は引き続き進化しセレクトされました。

新型CX-5に搭載される「i-ACTIVSENSE」は、旧型よりも機能が充実され、より安全性が向上しています。

進化した装備も簡単に紹介します。

マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)の機能向上

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

設定した車速に応じた「車間距離」を保つよう自動で車速を調整するMRCCの追従可能な速度域の下限が、旧型CX-5(KE)では30km/hでしたが、新型CX-5では0km/hからになりました。発進直後からの追従走行が可能となっています。

アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)のユニット変更

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

ALHで、夜間走行時常時ハイビームでの走行が可能となり、見やすさを圧倒的に向上させています。

ヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールし、夜間時の見やすさををアップさせリスク検知をアシストするメカニズムです。

対向車の運転者を眩惑させることなく、新型CX-5では、旧型では4ブロックだったLEDを12分割のユニットに変更。

より細かい照射範囲のマネージメントが可能になりました。

アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)の採用

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5では、車両、障害物、歩行者の検知ができる自動ブレーキ(アドバンストSCBS)を新たに採用し、安全性性能をいっそう高めました。交差点での視認が出来ない箇所かカバーできるようになりました。

TSR(交通標識認識システム)の採用

 

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

新型CX-5では、一時停止、進入禁止、速度制限の交通標識を認識して、フロントディスプレイに表示することで、標識の見落としを防ぎます。

安全&快適装備比較

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/?link_id=grnv#cx-5

 

旧型のスマートシティブレーキサポートは赤外線レーザー方式でしたが、新型はカメラ方式のアドバンストスマートシティブレーキサポートに変更され性能も向上しました。

歩行者の探知もすることができる様になり、緊急自動ブレーキのを総合性能も高められました。

マツダCX-5が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このCX-5、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、CX-5の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…
と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。



スポンサードリンク