下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

スポンサードリンク



【マツダ・CX-5】中古車 型落ち

CX-5の中古車(ディーゼル)はお買得の車なのか?

マツダCX-5は、中古車市場を見てみると多くの旧型CX-5が中古車として店頭に並べられています。

タマ数があるのは、ディーゼル車。 ここ数年のマツダのディーゼルエンジンは、目を見張るものがある。

しかし、良いのは新車の時だけで もしかして、中古車のCX-5はディーゼルエンジン耐久性が無く、故障が多い厄介な車になってしまっているのではないか?そういったリスクを感じている人も、いるのではないでしょうか?

旧型CX-5(KE)はほとんどの車両はリコール対策を終え、エンジン関係に関しては不安はありません。

また、前オーナーがまだリコール対策を終えてなくとも、記録簿や、車両保障証があれば無料でリコールを受けることができます。

中古車購入時リコール対策を終わらせてから納車してもらってもいいでしょう。

マツダのクロスオーバーSUVとして2012年にデビューしたCX-5は、粘り強い走行性と最新の安全装備で話題に上るようになりました。

CX-5の新車の車両本体価格は20S(2WD 6AT)ガソリン/6EC-AT/2WD ¥2,494,800~XD L Package(4WD 6AT)ディーゼル/6EC-AT/4WD ¥3,526,200と

新車としては魅力的な価格です。

 

しかし、もう少し低予算でCX-5を購入したい方の中には、中古車を検討している方も多いと思います。

なので、こちらのページではCX-5の中古車をお得に、かつ割安感を分析し狙い目グレードなど、CX-5の中古車情報について紹介します。

 

低回転から圧倒的なトルクと、ガソリンエンジンと思わせるエンジンの静かさ。 ですが、新型のCX-5ディーゼル車はの支払総額はそれ相応の価格になってしまいます。

ディーゼル車の車両本体価格と諸費用を合わせると350万円は超えてしまいます。 オプションを付けるとなると、400万円前後になってしまうグレードもあります。

400万円などと考えてみると、「新車は全く選択外、高額すぎ」 という方も多いはずです。

ですがCX-5ってちょっと気になる。という流れで、旧型のCX-5の中古車を購入検討するかたも多いはずです。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-5】中古相場

 

マツダCX-5の中古車相場はネットで簡単に調べることが可能です。

大切なのは、程度の良いCX-5の中古車を選ぶことです。

そこで、こちらのページでは多くのCX-5の中古車情報からよりお得な一台を探す「狙い目グレード」や「選び方」などを紹介します。

マツダ中古車検索サイト U-car Search

http://www2.mazda.co.jp/purchase/ucar/search_detail.html?link_id=sbnv

カーセンサーネット

https://www.carsensor.net/usedcar/map/bMA/s087/index.html

グーネット

https://www.goo-net.com/usedcar/brand-MAZDA/car-CX-5/

 

CX-5に関しては新車販売台数が多いため、中古車も1000台単位で簡単に検索に掛かってきます。

そこでの優先項目は、色々ありますが、品質の良い中古車を手に入れたいなら、

ワンオーナー、整備手帳、定期点検記録簿あり、から探していくのが良いでしょう。

整備手帳、定期点検記録簿があることは当たり前と考えて頂き、あっても記入されれいなかったり、記録簿の枚数が少なければ意味がありませんよ。

走行距離が多少多くとも、ワンオーナー車にこだわって探せば、程度の良いCX-5を探せる可能性はより高まります。

 

走行距離は価格に直接反映されてきますがので少なめのものを選ぶ程度が良いでしょう。

オイル交換が頻繁に行われていてかどうかの確認は記録簿又は、ドア内側の交換済みシールで確認します。

ちゃんとした中古車店なら、オイル交換ずみシールはセールスポイントとなるため、

クリーニングをする際にも剥がさず、あえて残しておくことが多いです。

 

CX-5に限らず中古車は、定価がありません。 あるのは相場です。

中古車店のCX-5の価格は、業者間のオークション流通価格、中古車情報誌、ネットオークションでの相場など参考に、

程度によって一台ごとに価格がつけられます。

なので、みんなが欲しがる車、ここではCX-5ディーゼル高級グレードのXD PROACTIVE(4WD)、XD L Package(2WD)以上のグレードがが人気が髙く中古車相場が高くなりがちです。

 

高品質なCX-5の中古車は、高値がついて当たり前ですが、XD(2WD)や20S PROACTIVE(2WD ) ガソリン車は高品質でありながら

割安に購入することも可能性が有りあえて選ぶこともメリットだとおもます。

(但し、販売台数も少ないので見つけるのに苦労する可能性がたかいです)

 

では、比較して安いCX-5の中古車は、低品質でもしょうがないのか?

いいえ、中古車を焦らず探せば、価格に対して品質の良い、コスパの高いCX-5が見つけられます。

 

CX-5の中古車はディーゼル車が中心で、現在のCX-5の中古車市場は、

新型CX-5が発売された為旧型CX-5(KE)値下がりしています。

カーセンサーnet、グーネット、マツダ公式中古車検索サイト「Mazda U-car Search」等を検索すると

数千台のCX-5の情報が簡単に確認でき、CX-5に関しては、圧倒的にディーゼル車人気の市場だということが分かるはずです。

 

品質が良く、割安でCX-5の中古車を購入するには、ボディカラーにも気を配ることもお奨めします

検索結果を見ていくと、CX-5の中古車を比較的割安に購入出来そうなボディカラーは、

 

シルバーメタリックが多いこともわかります。

 

人気の高いボディカラーは中古車でも高値安定しています。

購入検討する方からすれば安くても高品質車がいいので、

ニーズの低いボディカラーを念頭に置いて探したほうが方が買い得感があるCX-5を見つける事ができるでしょう。

 

人気のボディカラーは、ホワイト&ブラック、ソウルレッドが高値となっており、あとは比較的ローニーズとなっています。

新車時は人気のソニックシルバーメタリックですが、中古車ではユーザーのニーズの変化により、割安に購入しやすいボディカラーだと思います。

CX-5のディーゼル中古車の魅力はでも耐久性が高いということ。

これは間違いないようです。

 

CX-5のディーゼルは最低でも20万キロは走ると。 おそらく、もっと走るのではないかと思われます。

旧型のCX-5は、走行距離が10万キロ近く走っていても エンジンはとても静か。

CX-5のディーゼル車は、「オイル交換を定期的にしていれば、壊れないエンジンです」

20万キロ、30万キロと、平気で走行距離を突破していくのがディーゼル車の強み。

しかもCX-5のディーゼル車は燃費がいい。

カタログ数値でたしか18km/Lなので実燃費でも13km/Lぐらいは行くと口コミサイトで調べることができます。

契約前に気になったCX-5を試乗してみてください。 新車のCX-5の価格が予算オーバーと思う時には、

中古車で割安感の出た旧型のCX-5を購入するのも賢い選択だと思います。

中古車と言っても走行距離や、年式によっては、総額200万円を超えているCX-5もたくさんあります。

割安なものでもエンジンに関しては20万キロぐらいは問題なく走るのではないかと思われます。

 

走行距離が多い車は、内装、特にシートがへたってきます。

前オーナーがオイル交換をちゃんと行っていたかは、車両に備え付けの記録簿で確認できます。

CX-5の中古車を選ぶ場合には、内装のへたり具合、記録簿の有無を参考にすると良いでしょう。

CX-5の中古車はお買い得な選択だと思います。

CX-5に乗るならおすすめはディーゼル車です。

CX-5の中古車購入、2WD/4WDのどっちがお得?

 

CX-5には、2WDのみのグレードと、2WD/4WDの両方あるグレードがあります。

ディーゼル車では全グレードが2WD/4WDを選べます。

新車でCX-5を購入する時は、4WDの方が約23万円高くなるのですが、中古車で購入する時、差額はどうなっているのでしょうか。

そして、2WDと4WDでは、どちらを購入するのが割安・お得なのでしょうか。

ネットで中古車市場を調べてみたところ、CX-5の2WDと4WDでは、

各グレードとも4WDの方が約10万円の差額をつけていました。

新車で約23万円だった2WDと4WDの差額が、中古車で購入すると約10万円まで縮まっていました。

CX-5の中古車は、4WDを購入する方が割安となります。

しかし、CX-5のAWDは通常時はFF走行、電子制御で、必要な時、フロントタイヤが滑る挙動があると4WDに自動で切り替わるシステムです。

CX-5のオーナー口コミサイトで調べてみても4WDに関する故障の口コミはあまり見かけませんが、

複雑な電子制御システムと、多くのセンサーを使っているものなので、4WDが必要と探している方以外には

無難にFF車をお勧めします。FF車のほうが新車時の販売台数も多く探しやすくなるはずです。

スポンサードリンク

【マツダ・CX-5】新古車について調べてみました!

【マツダ・CX-5】新古車について調べてみました!

2018年【マツダ・CX-5】新古車の在庫状況は極めて良くありません。

当分の間、CX-5の新古車を探すメリットはあまりありません。

本来、【マツダ・CX-5】の新古車は現在(2018/08)出回ることはありません。

現在2-3か月の納車待ちを、多くの注文済みのお客様が待っている状態で

CX-5の新古車は通常発生しません。

 

そもそも新古車とは、生産過剰でメーカーに在庫があまり、ディーラーが
メーカーからの登録車目標達成への報奨金目当てに注文が入っていないにもかかわらず、ディーラーの名義で登録し新古車が発生します。

もっと言えば、不人気車、モデルチェンジを控えたなどの理由の
メーカーの売れ残り車をディーラーに押し付ける形で発生します。

(メーカーとディーラーは別会社ですのでこういった新古車が発生します。)

その、新古車をディーラーが持ちきれなくなった時に、新古車専門店に販売したり、業者間オークションで販売したときに限り、新古車(正確には中古者)として店頭に並びます。このような正常な理由で流通した新古車は割安で購入できるメリットがありますが、現在のCXー5には当てはまりません。

CX-5の新古車を検索したところ全国で14台、そのうち1社が7台販売していました。

おそらくその1社は、売れ筋のCX-5を本来の新車購入手続きを経て入手しているのでしょう。

あなたに代わって、先に注文を入れてくれているといった具合です。

2018現在のCX-5の新古車のメリット

納車までの期間が短い。

2018現在のCX-5の新古車のデメリット

・たとえ走行が10Km以下でも中古車です。登録月と購入時期がズレれば車検は短くなします。

・メーカーオプションを選べません。

・現在の正確な新車値引き額を調べない限り、新車より高い新古車を購入する可能性もあります。

CX-5の新古車購入を検討する方は、必要、不必要なメーカーオプションや、

希望の色を選べなくとも、2か月など待てないという方。

新車と比べ特別安く買おうと思っていない、早く乗りたいという方にはメリットがあります。

このCX-5の新古車のメリット・デメリットはマツダでも他の車種や、

他メーカーの車種には当てはまりません。

他の車種を検討中ならば新古車のメリットはもっと多くなるはずです。

【マツダ・CX-5】が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

【マツダ・CX-5】が値引き金額から更に 50 万円安くなる方法

「このCX-5、予算オーバーだ…」

「値引きで安く買いたい…」

「ディーラーを回るのは面倒…」

「新車をお得に最安値で手に入れたい…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、CX-5の購入を検討しているけど

悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで

まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで

欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを

ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、

買取業者では 80 万円になることも

多々あります。

 

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大 10 社が

 

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上るのです。

車の査定、後回しは損・損・損!!

 

スポンサードリンク